【食レポ】「美容・健康チョコレート」の美味しさを計算式で表現してみた。

みなさま、こんにちは。若命(ワカメ)と申します。

 

みなさんチョコレートは好きですか? 僕は大好きです。

 

母(72歳)は僕がお腹にいる時、異常なまでにチョコレートを食べまくったそうです。

そんなマタニティライフを経て産まれた僕は45年経ち家庭を持った今、家族から

 

「チョコオヤジ」と呼ばれています。

 

しかしこの45年。チョコレートも進化しました。

 

特におすすめなのが「美容・健康系チョコレート」です。

健康・美容チョコレート

 

今回は美容健康チョコレートの主要4商品の食べ比べレポートをするにあたり、

 

悩み考えた結果、レビューの公式を作りました。

 

「有名チョコレート」± α 

 

この公式をもとにご紹介してまいります。

 

 

例えばこんな感じです。

 

商品:でん六 ポリッピーチョコ

でん六ポリッピーチョコ

公式:「森永チョコボール(ピーナッツ)」―「チョコレートの量」

 

[解説]

構造はチョコボールと同じだが、外側のチョコレートがやや薄い。

 

 

こんな感じです。では早速いってみましょう。

 

 

商品1: グリコ アーモンド効果

グリコ アーモンド効果

公式:「グリコアーモンドピーク」ー「チョコの濃さ」

 

[解説]

アーモンドピーク独特のチョコのまったりした食感、風味、アーモンドの香りは「そのもの」。

足らないのはチョコレート独特の濃さ。

しかし、グラノーラが加わりビタミンE、鉄分、食物繊維が摂れます。

 

 

 

商品2: ロッテ ZERO

ロッテ ZERO

公式:「ロッテ アーモンドチョコのチョコ」―「初動の香り」

 

[解説]

ロッテの名作「アーモンドチョコ」のチョコ部分の味は、完璧に再現されていると言って過言ではありません。

足らないのは、口に入れた瞬間の「チョコ入りました!」と感じるその香りです。

しかし「砂糖ゼロ」「糖類ゼロ」と考えるとこの美味しさを産み出したロッテさん。すごいです。

 

 

 

商品3: 明治 オリゴスマート

明治 オリゴスマート

公式:「明治 ミルクチョコレート」ー「口どけ」

 

[解説]

チョコレート商品では、シェアビューのNo.1ページビューを誇る「明治 オリゴスマート」。

実は初めていただきましたが、明治さん伝統の逸品、ミルクチョコレートそのままの味です!

 

風味、ミルクチョコレート独特のカカオがツンとくる後味、そのままです。

人の体温に敏感なミルクチョコレート独特の口どけがちょっと足らない。

でも逆に言うとそれ以外はミルクチョコレートと断言させていただきます。

しかも糖として吸収されないオリゴ糖。

ページビューNo.1チョコレートの真髄をここに見ました。

 

 

 

商品4: 明治 チョコレート効果 カカオ72%

明治 チョコレート効果 カカオ72%

公式:「明治ブラックチョコ」+「カカオの苦味」―「まったり感」

 

[解説]

「ブラックチョコ」といえば「ミルクチョコの永遠の相方」。

ドリカムで言えば、ミルクチョコレートが美和ちゃんなら、ブラックチョコレートは中村さんです。

このブラックチョコの風味に苦味がさらに加わったのが「チョコレート効果」です。

一方で、板チョコよりやや「パッサリしている」感じです。

 

カカオのポリフェノールはもちろんのこと、形も四角くなり転がらない。

これなら職場のデスクから落とすことも減るでしょう。

美容健康チョコレートのロングセラーここにあり。

 

 

 

と言うことで、レビュー公式を用いて商品の感想をお伝えしてみました。

 

分かりやすかったですかね・・・?

 

もし「分かりやすかった!」と思っていただけた方は、ぜひレビューでもご活用ください。

 

 

商品のレビューをして「1商品で30円相当」のポイントをゲット!!

その他、グッドレビュー、グッドフォトでボーナスポイントのチャンスも!

PeXで各種ポイントへ交換・移行が可能!

 

月3000円相当のポイントゲットできる【シェアビュー】はこちらからご覧ください