【食レポ】Cook Do(クックドゥ)「エビチリ」を「イカチリ」にアレンジ

皆様こんにちは。食べることが何より大好き、ピヨ子と申します。

皆さんはご存知でしたか?
毎月15日は中華の日だそうです。

「ひと月の中間(ちゅうかん)が15日だから」というのが理由だそうで、
全国中華料理生活衛生同業組合連合会が商標登録をしています。
 

さて、中華料理の人気メニューのひとつエビのチリソース炒め。
外食で、たまーーーにしか食べられないご馳走だったので、
それが家庭で簡単に作れるとあって、一時期よく作っていました。

ですが、、、
エビは高級食材。。。
辛いのを食べるとお米もついつい欲しくなる。(ダイエット必要のため)
でも大好きなエビチリソースの味を楽しむためアレンジメニューができないか試した結果
たどり着いた私のお勧めレシピを僭越ながらご紹介させていただきます。


その名は
イカのチリソーススクランブルエッグ添え
このレシピのメリットは3つ
・コスパが良い : 冷凍のイカ、冷蔵庫の定番卵、ソースを入れても一人分100円ちょっと!
・低糖質  : スクランブルエッグがお米代わりになるので低糖質!
・エビチリ風味はそのまま : エビチリな風味が増して美味しくいただけます!


1.材料(4人前)
Cook Do® 干焼蝦仁 1袋
・スルメイカ 200g
・タマゴ 3個
・長ネギ   1/2本
・片栗粉 大1

エビチリソースの素は、味の素さんの「Cook Do®」の干焼蝦仁(カンシャオシャーレン)を使いました。
このスルメイカは200g強、卵3つ、長ネギ1/2本にしました。
いの一番に長ネギをみじん切りにしておきます。


2.イカを格子に切り目をいれて、短冊に切る
今回はたまたま生スルメイカを使いましたが(お店の魚コーナーでワタや皮の処理をしてもらっています)。
冷凍イカは厚みもあるし、一口大に切ってあり扱いやすく、お値段もスーパーオオゼキでは299円(225g入)と
安かったのでおすすめです。


3.イカに片栗粉をまぶす


4.スクランブルエッグを作る
ここでスクランブルエッグを作ります。出来上がったら、先にお皿に盛りつけておきます。


5.イカを炒める
生のイカは寄生虫がいることもあるらしいので火をきちんと通しましょう。
炒めていると、イカの水分が出てきてパチパチと水分が跳ねるので火傷に注意!
ん~いい匂い。屋台が思い浮かび、食欲がそそられます(笑)


6.Cook Do®干焼蝦仁ソースと長ネギのみじん切りを投入
再び火をつけてさっと混ぜます。 色鮮やかですね。イカのチリソースらしくなってきました!


7.盛り付けて完成!時間にして20分!

お味は・・・
イカのほんのりした甘さとほんのりスパイシーソースがマッチして美味しく食べられます。
ソース自体はちょっとした辛さと酸味・甘味があり、昔の記憶とくらべるとややスパイシーに。

お酒のつまみに
ソースとスクランブルエッグを一緒に食べるとお酒が欲しくなるくらいのおつまみになります。

反省点は・・・
生イカだとちょっと物足りない。やはり冷凍イカを使った方が、食べ応えがあると思いました。
ソースの味がしっかりとしているので、茹でたブロッコリーやカリフラワー、スナップエンドウなどを添えたら
見た目にも栄養バランス的にももっとよくなるかも知れませんね。

短時間で簡単にできるのがCookDo®のような合わせ調味料の良いところ。
他にもアレンジができますね。
みなさんの「Cook Do® 干焼蝦仁」アレンジもぜひレビューに投稿してくださいね!
 

 

 

 

 

商品のレビューをして「1商品で30円相当」のポイントをゲット!!

 

その他、グッドレビュー、グッドフォトでボーナスポイントのチャンスも!

PeXで各種ポイントへ交換・移行が可能!

 

月3000円相当のポイントゲットできる【シェアビュー】はこちらからご登録ください!登録は完全無料です。