【食レポ】パリで人気の「メロンパンバーガー」をコンビニメロンパンで試してみた。果たして相性は?

皆様こんにちは。食べることが何より大好き、ピヨ子です。
 

突然ですが「メロンパンバーガー」ってご存じですか?
 

作家・辻仁成さんのブログで発見したのですが、
初めてネーミングを見たとき
「メロンパンにビーフパテ???」と思ってしまいましたが、

 メロンパンにホイップクリームとイチゴをサンドしたものだそうで、
パリで人気だとか!

ともあれ真似してみたい!「メロンパンバーガー」
メロンパン自体は、大正の終わりから昭和初期ころに日本で誕生したと言われています。
世代を超えて今日まで親しまれている定番メロンパンが、最近コンビニで新発売(リニューアル)されて話題になっているということもあり、スタッフとコンビニメロンパンで「メロンパンバーガー」を作ってみようとなりました。


まずは、
<コンビニメロンパンの特徴>

1.セブンイレブン(商品名:やさしい甘さのメロンパン)
・中の生地がしっとり。
・全体的に甘さ控えめ。
・他社と比べると最も小ぶりで外側のクッキー生地に網目は無い。


2.ローソン(商品名:サックリ・メロンパン)
・クッキー生地がザクザク食感
・中の生地はフワっと。
・外側は優しいバター香り。中はほんのりチーズの風味。


3.ファミリーマート(商品名:ファミマ・ザ・メロンパン)
・クッキー生地は他社と比べてしっかり。
・中の生地はふんわりでミルキーな味。
・他社よりひと回り大きめ。


<挟む食材>
1.
イチゴ

2.ザーネワンダーのホイップクリーム

泡立て不要のスプレー式ホイップクリーム。ミルク100%。乳脂肪分は26%と他社より控えめ。(他社は40%前後が平均)
冷やしてプッシュするだけでホイップクリームが出来上がります。