【2022年10月】「秋の味覚フォトコンテスト」入賞発表!

こんにちはchikaです。

​今回も「秋の味覚フォトコンテスト」にたくさんのご応募をいただきありがとうございました!秋ならではの美味しそうな食べ物がいっぱいの、楽しいフォトコンテストになりました。お手製のお料理には、こだわりポイントも添えられ、見ごたえのある投稿でした!

今回は合計10名様にポイント進呈の予定で実施しましたが、どれも素敵な作品でしたので、投稿いただいた方全員に100ポイントを進呈することに決定しました!ぜひ皆さんの作品を「秋の味覚フォトコンテスト」でチェックしてみてくださいね♪

1位1000P、2位500P、3位200P(2名) 、その他の方には佳作として100Pを D style webポイントで進呈します。入賞された皆様、おめでとうございます!
※1~3位以外の方全員に、お一人につき100ポイントを進呈。(複数投稿されている方も、お一人につき100ポイント)
※ポイント進呈時期は2022年11月中を予定。1ポイントは1円相当。

現在「ほっこりフォトコンテスト」開催中!ご応募お待ちしています♪
応募期間:2022年11月2日(水)~2022年11月27日(日)

温かい食べ物・飲み物・寒さ対策グッズ・場所など、「ほっこり」を感じられるものならなんでもOKです!
素敵なフォトをお待ちしています。



▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂

【1位】あやはなさん

「春巻きの皮でアップルパイ」
うちの家族はなぜだかみんな、アップルパイが大好き。旬のりんごが安く手に入ったので、アップルパイを作りました。突然の思いつきに応えてくれたのは、冷凍庫にあった春巻きの皮。春巻きの皮でアップルパイというと、スティック型が多いのかもしれませんが、私はあえて見映え重視のホール型にしてみました。まずはりんごをバターと砂糖でソテー。シナモンは子どもに気づかれない程度にさっと一振り。春巻きの皮は数枚重ねたまま使います。丸い型に敷き込み、残りは飾り用にハサミで細長くカット。皮にりんごをのせたら、アップルパイの編み目模様に初挑戦。これ大丈夫?本当にアップルパイになるのかと疑いつつ、卵を塗ってオーブンで焼きます。そのあとの余熱で、ちゃっかりグラノーラも焼いちゃいます。ポリポリ食べ出すと止まらなくなるグラノーラ。大袋を抱えて食べてしまう私は最近、好きな具材と甘さ加減でお家で作っています。子どもとのおやつ時間。アップルパイをカットして、バニラアイスをオン!お好みでグラノーラをトッピング。パラダイスなお皿の完成です。春巻きの皮で作ったアップルパイはライトな食べごたえで、甘味あっさりな煮りんごによく合いました。下の子は、焼いた春巻きの皮の切れ端をポリポリポリポリ、夢中でした…!


冷蔵庫にあった春巻きでサッとアップルパイを作ってしまうなんて、さすが あやはなさんです!とても本格的で美味しそうに出来上がっていますね♡主役のアップルパイを中心に、りんごやさつまいもが添えられ、華やかで目を引く一枚でした!入賞おめでとうございます!

▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂


【2位】マリランさん

「かぼちゃのパウンドケーキ」
かぼちゃの産地なので、収穫時期にはあちこちからいろいろな品種のかぼちゃをいただきます。荒く潰してあるので、しっとりしたケーキに仕上がりました。かぼちゃの風味を生かすため、バターではなく万能使いができる香りのないごま油を初めて使用。砂糖も控えめにしたので、朝食としてサラダやスープにも合います。何よりかぼちゃの色が食卓を華やかにしてくれます。

「栗の渋皮煮で秋を味わう」
友人宅の庭に生った栗、小粒だけれど甘くて毎年秋を運んできてくれる。夜長にせっせと鬼皮を剥くのも、この時期限定の手仕事。何度もあく抜きをして、コトコト煮込む。少しずつご近所にも配ると、「秋だねぇ」とみなさん口を揃えて喜んでくれます。

 

秋の楽しみが存分に伝わってきたマリランさんのフォト。かぼちゃのパウンドケーキは本当に黄色が濃く、一目で美味しいパンケーキだと分かります♡別スタッフいわく、渋皮煮をこんなに美味しく調理するのは凄い!鬼皮をむくのも大変なんだよ!と太鼓判を押していました。ご近所さんに「秋をお裾分け」というのもいいですね!私もマリランさんのご近所に住みたいと思ってしまいました(笑)入賞おめでとうございます!
 

▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂


【3位】chai34さん

「モチモチ!手作り中華まん」
私、中華まんがとてつもなく好きなんです。子どもの時に初めて食べたあんまんに衝撃を受けたのをよく覚えています。学生時代のバイト先で中華まんを売るとなった時には、競合他社との比較や販売戦略を考え、店長にプレゼンまでしていました。それほどまでに私を虜にする中華まん。大人になってから、とうとう自分で作るようになりました。もちろん生地から手作り。イチから粉の配分を考え、何度も失敗を繰り返しながら、家庭で誰でも作れるレシピを編み出しました。自分で作る醍醐味は出来立てを味わえることと、好きな具材を好きなだけ入れられること!オーソドックスな味から変わりダネまでなんでもOKなのがたまりません!「粒あん×クリームチーズを試した時には背徳感がたまりませんでした。ちなみに写真は手前から「エビチリまん」「肉まん」「粒あん×クリームチーズ」です。

「土台がプリンなモンブラン」
栗の季節になると作るモンブラン。ティーカップで蒸し焼きプリンを作り、上に自家製マロンペーストを絞っています。プリンは通年作りますが、栗の時期だけカラメルソースをマロンペーストに替えているんです!良い栗が手に入れば栗のシロップ煮から作りますし、手軽にしたい時には市販の甘栗を使います。裏ごしはせず、栗の食感を感じる粗目のペーストがお気に入り。いつもの蒸し焼きプリンが贅沢な味わいになって、おなかも心も満たされます(^^)♪

 

中華まん遍歴のコメントとフォトから、中華まん愛が溢れていました!とても美味しそうに蒸されていますね♡「粒あん×クリームチーズ」聞いただけで本当に美味しそうです!実は私も中華まんを作ることがあるので、chai34さんのアイディアを参考にさせてもらいます♪入賞おめでとうございます!


▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂


【3位】ニクニクさん

「イメージ一新!」
こちらもご近所の農家さんでゲットした柿。いつもはそのまま食べて楽しむのですが、何かレシピはないかなぁ?と思ったら「柿のコンポート」を発見。柿の皮を剥いて8等分に切り、砂糖・レモン果汁・水・風味づけに白ワインを少し、これでコトコト煮込むだけの簡単レシピ。これならズボラな私にも出来るかも?ということで完成したのがこちら。あら、想像したよりおしゃれじゃない?恐る恐る食べてみると「!」上品な甘さにとろりととろける食感。柿がこんなにおいしいスイーツになるなんて・・・しかも煮上がったシロップもほんのり甘くてGOOD!いろいろなフルーツの中で柿はアレンジが少なく地味な存在だと思っていましたが(柿さん、ごめんなさい)、いやいやどうしてこんな素敵なスイーツに変身してしまうとは。硬めの柿をシャリシャリ食べるのが好きなんですが、とろりとしたコンポートにすっかりはまってしまった私。紅茶によく合う上品な味わい。冷やして食べるとさらにおいしいです。簡単レシピなのでみなさんもぜひどうぞ♪柿のイメージが変わりますよ。


ニクニクさんのコメントを読み、私も柿のコンポートを作ってみたくなりました!艶のあるコンポートがとても美味しそうです♡柿の魅力を広げていただきありがとうございます。入賞おめでとうございます!

▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂┄▸◂

たくさんのご応募ありがとうございました。次回も素敵な作品をお待ちしています!

現在「ほっこりフォトコンテスト」開催中!ご応募お待ちしています♪
応募期間:2022年11月2日(水)~2022年11月27日(日)

温かい食べ物・飲み物・寒さ対策グッズ・場所など、「ほっこり」を感じられるものならなんでもOKです!
素敵なフォトをお待ちしています。

 

【シェアビュー】でポイ活しよう!シェアビューの楽しみ方はこちら