【試食レポ】 噂のバスチー食べてみた!!

売り切れ続出!(シェアビュー事務局のある渋谷近辺では売り切れのお店も!!)

 

゜* 噂のバスチー * ゜



じゃーん

 

バスチー外装

 

 

 

大手コンビニチェーン ローソンから、2019年3月26日にバスク風チーズケーキ『BASCHEE(バスチー)(税込み215円)』が発売になりました。


みなさま、もう食べられましたか?
なんと発売3日間で販売数が100万個を突破し、コンビニスイーツブームのきっかけとなった「プレミアムロールケーキ」を超えるくらいの
人気商品だそうです。

 

☆バスク風チーズケーキとは☆
スペインのバスク地方にある有名店で生まれたチーズケーキのことです。
表面を焦がして黒くしっかりと焼き色がついているのが特徴です。

 

スタッフたちは日夜探し回り、ようやく手に入れることができたので、さっそくレポートしていきたいと思います・・♪

 

 

インパクトのある黄色いパッケージでお店に入った瞬間、これだーーーー!とすぐにわかりました。(いや、光っていたかも)

嬉しくってついつい2個買いです♪


では早速開けてまいりましょう!

 

 

バスチーフォーク付

 

 

結構ずっしり・・大きさの割に重量感があります!
表面にしっかりした焼き色があって、美味しそう!!

サイズもちゃっかり測っちゃいました!

 

バスチーメジャー横

直径およそ5センチくらいと少々こぶりながら、圧倒的な存在感を放っています・・・
ちなみに高さは3センチくらい。

 

バスチーメジャー縦

いよいよお楽しみ!実食タイムです。
ウキウキしながら一口…。

 

バスチー1/4カット

 

バスチー1/4食べた

 

スタッフN:普通のチーズケーキよりは中心が滑らかで(トロトロ感はそこまでだけど・・・)、まさにレアチーズケーキとベイクドの良いとこどり!?
スタッフM:なめらかで濃厚チーズケーキ!
スタッフM:大人っぽいチーズケーキ?
スタッフN:レモン感が欲しいけど、本物のバスクチーズケーキにはそもそもレモン入ってないのかな・・・?
スタッフI :冷え冷えでいただくのももちろん美味しいのですが、私はちょっと置いて 常温で柔らかくなったクリーミー感が増した感じがすきです☆


という意見や・・


スタッフN:表面の焼きがカラメルっぽくほろ苦くて、チーズケーキの部分の甘さに合う!
スタッフY:卵っぽさも結構強く感じるかも。
スタッフY:カラメルとか甘さがプリンに近くて、家で手作りしたような焼きプリンみたい(笑)
スタッフI :まわりのカラメルと一緒に食べるとチーズというかプリンのケーキを食べているような味わいも楽しめる♪
スタッフN:「プリン」と言われるとちょっと高いかな~?バスクチーズケーキでこの値段ならお安いけど。
スタッフN:普通のチーズケーキよりはギュッと詰まったチーズケーキだから、プリンとチーズケーキの美味しさを同時に楽しめるね?!


という意見が出ました。
チーズケーキなのか、プリンなのか、だんだんわからなくなってきました・・

 

 

・・・はっっ!!!!!!!
これはバスチーでしたね(笑)


ここでプライベートでBELTZのバスクチーズケーキを一度だけ食べたことがあるスタッフYが自分の記憶と比較してみました。

  

BELTZ

 

スタッフY:なめらかではあるけど、本家に比べると大分ざらつきがあって、どちらかというとベイクドチーズケーキに近く感じた。
スタッフY:本家とは味・食感含めて少し違うので、あまりバスクをイメージしすぎるとちょっとコレジャナイ感が・・(本家はもう少し全体的に大人っぽい。パッケージも含めて)
スタッフY:でも決しておいしくなかったわけではなく、普通に濃厚なチーズケーキとしておいしかった!!!
スタッフY:お値段的には200円位とお手頃で、しかもコンビニで今流行りのものが手軽に買えるという点ではすごく価値があると思う。
スタッフM:本家を食べたい!!!!!
スタッフN:でも、専門店よりお手軽だしお得で良いよね!
スタッフY:お手軽だし、お手ごろだし、気楽に食べられて万人受けすると思う♪
スタッフI :チーズケーキとしては、とても美味しくいただけました!!!
スタッフM:いつか別企画で専門店の食べ比べもしたいね!(野望)
スタッフM:高級つながりで、流行りの高級食パンの食べ比べもしたい(笑)

全員:おーーーーーーー!!!!!!(パチパチパチ)

 

バスチー2個

 

 

 

食べられた方は、ぜひこちらにレビューをお願いします。

映え写真も、併せてお待ちしております♪